2018年8月19日日曜日

2018 Vancouver YMCA Youth Peace Network 報告⑪

みなさんこんにちは。
カナダでYPNに参加している北川(まさリーダー)です。
お盆はいかがでしたでしょうか?
日本は暑い日が続いているというニュースをインターネットで見ています。
ぜひ水分を取り、体調に気を付けてお過ごしください。

こちらでは7週目のキャンプが終わり、エルフィンストンのキャンプも残り1週間となりました。
今週はYPNメンバーのプログラムであるグローバルルームの担当になったのでそのことをお伝えします。

このグローバルルームはキャンプ場内にある1部屋をYPNメンバーが与えられていて、ここで様々な国から来ているメンバーの紹介であったり、その国の文化や習慣などをキャンプに参加している子どもたちに伝えています。

今週私はアルゼンチンから参加しているNicolasと一緒にアルゼンチンと日本の紹介をしました。
クイズ形式でそれぞれの地域や習慣を伝えたり、私は折り鶴を教えました。
みなさん、折り紙は小さいころにたくさん折ったことがあるかと思います。キャンプに参加している子は様々な国の子がいますが、名前は聞いたことがある子や、全く知らない子などいて、そうした子たちに英語で教えていました。

なかなか難しかったようでしたが出来上がると、とても喜んでいました。

今週に合わせ、千羽鶴の要領で多く作っておいた鶴を子どもたちに見せたりもしました。
私がこの1週間、折った鶴です。
私はここでのキャンプが今週で最後となります。
来週はバンクーバーに戻り、様々なボランティアを通じて学ぶ週となっています。
残り約3週間となったこの研修も終わりに近づいているのを感じると同時に、今から「日本に戻ったら何をしようか」と考えたりもしています。
また日本に帰るころは残暑が続いているのかなと考えると、体が追いつくか心配にもなります。
こちらは涼しくなってきて過ごしやすくなっています。
暑い日が続いているかと思いますが、みなさん、体調に気を付けて残りの夏を乗り切りましょう!
(横浜中央YMCAウエルネススポーツクラブ 北川 政憲)

2018年8月11日土曜日

夏のお掃除ボランティア実施報告

本日、夏の大掃除でスタッフ、リーダー、会員さん延べ80名の方に参加していただき、プール、体育館、マシンルームの清掃を行いました!

プールサイドとプールの中は、げきおちくんやブラシでこすりピカピカに!


トイレやシャワー室は、ブラシで磨き、床や壁の汚れを落としました

 体育館は、壁や器具をみんなできれいにしました


 マシンルームは鏡や機械をふきました

お掃除の後は参加していただいた皆様と感謝会とスイカ割り!

命中!

おいし~♪

こんなにたくさんのメンバーや保護者、成人会員さんの方にご参加していただき、用具や施設をきれいにすることができました!
皆さんのおかげで、次回のクラスからはピカピカの施設で練習をすることができます!
横浜中央YMCAウエルネススポーツクラブは明日からお盆休みに入ります。またお会いできるのはお盆明け・・・。
皆さまお体に気を付けて良い休日をお過ごしください!

 横浜中央YMCAウエルネススポーツクラブ
(橋本・坪井・森田・宮島)

2018 Vancouver YMCA Youth Peace Network 報告⑩

カナダでYPNに参加している北川(まさリーダー)です。

今回は先週末にあったイベントについてお話しをさせていただきます。
それは…「バンクーバープライドパレード」です。
これはレズビアン、ゲイ、トランスジェンダーなどの人々による抗議運動がもとにあると言われていますが、現在ではバンクーバーを代表するお祭りとなっています。
なぜバンクーバーなのかというと、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州は同性婚が認められていて、そうしたことに寛容な街と言われています。
また日本でも最近話題になっている「LGBT」ですがこちらでは「LGBTQ2」と言われています。これはLesbian:レズビアン、Gay:ゲイ、Bisexual:バイセクシャル、Transgender:トランスジェンダー、Queer:クィア(セクシャリティーのアイデンティティが未確定の人)、2:男女、2つの魂を持つと言われる先住民の同性愛者観)の頭文字を取ったものになります。

日本でも「レインボーパレード」という名前で実施していますが、バンクーバーのものは非常に大きく世界中から参加者が集まるそうです。
また街もこのパレードのためにレインボーカラーの装飾が施されます。
YMCAもレインボーカラーのバッジを配布したり、パレードに参加する人やボランティアの人にパンケーキを振る舞っていました。

今でこそマイノリティーと呼ばれる人々に寛容な姿を見せていますが、今日に至るまでは様々な人の努力があったようで、今の日本でも同じように困難な状況にある方いらっしゃるのも事実です。
すこしでも皆さんにそうしたことを知っていただきたく今回お話しさせていただきました。

日本は酷暑と言えるほど暑い日が続いていると聞きます。
こちらカナダでは日中は暑いものの、夏の終わりを感じるかのように夜は涼しくなってきています。
今回の研修も残り約1か月となりました。
横浜に戻ったら何をしようか、どんなことをみなさんに伝えようか考えながらこれから過ごしていきたいと思います。
(横浜中央YMCAウエルネススポーツクラブ 北川 政憲)

2018年8月9日木曜日

「第25回AIDS文化フォーラムin横浜」に参加しました!


こんにちは、横浜中央YMCA英語学校のももリーダーです!

 先日、かながわ県民センターで開催された「第25回AIDS文化フォーラムin横浜」に参加しました。このフォーラムはHIV/AIDSだけではなく、それを取り巻く日常生活や社会課題にも目を向けて考えるイベントです。今回は、「性犯罪」や「恋人間のハラスメント」について研究されている方々の講演をお聞きしました。
性犯罪や恋人間のハラスメントは許されるものではありませんが、誰にでも加害者となる可能性があり、自分を取り巻く人間関係が全く関与していないとは言い切れないことがわかりました。つながる人の数や種類を広げていくことや、居場所と呼べる空間を複数持つことがその予防になります。何か悪い方向へ心が傾きかけた時、大切にしている人の存在が心のストッパーになるからです。同時に、自分だけではなく周りの人を気遣う余裕も持ち合わせたいものです。
 YMCAのスローガンは「みつかる、つながる、よくなっていく」です。人と人とが本当の意味でつながれる空間づくりを目指して、まずは目の前の人との関係づくりを大切にしていきたいです。
(横浜中央YMCA英語学校 諏訪 小百合)

8月9日(木) 天候に伴うクラス実施状況の確認

横浜中央YMCAウエルネススポーツクラブの短期水泳・体操講習会にご参加ありがとうございます。

神奈川県横浜市に出ておりました暴風警報は今朝5:00頃解除されました。

本日の短期講習会は全てのクラス通常通り実施となります。

ご心配をおかけしましたがご確認を願いします。
まだ台風の影響もあり午前中の時間帯は風も強い時間帯があります。安全に気をつけお越しください。お待ちしております。

(横浜中央YMCAウエルネススポーツクラブ 関口 努)

2018年8月8日水曜日

バイリンガルサマースクールで様々なプロジェクトに取り組みました!

3日間のバイリンガルサマースクールでは、子どもたちが今年も様々なプロジェクトに挑戦しました。バイリンガルサマースクールは、帰国生やインターナショナルスクール卒園生などを対象にした、英語で学び、英語で考え、英語で発信するクラスです。
まず、ペアをつくって相手の「Portrait(肖像画)」を描くというアイスブレイクを行いました。普段、私たちは相手の顔をじっと見つめる機会はほとんどありません。皆少し照れながらも素敵なPortraitを完成させ、その下に、相手に質問して得た情報(年齢や住んでいる場所、学校、好きなものなど)を書き込みました。
 次に、「Dinosaur(恐竜)」のプロジェクトに取り組みました。恐竜はどんな時代に生きていたのか、恐竜にはどんな種類がいるのか、それぞれどんな特徴があるのかを学びました。そして、それぞれの恐竜の名前を覚えた後、自分のお気に入りの恐竜を紙粘土で製作しました。形や色の特徴をよくとらえていて、今にも動き出しそうな恐竜もいました。

次に取り組んだプロジェクトは「Cartoon(漫画)」です。先生が1枚1枚切ってばらばらにした漫画のコマを、話の流れを考えながら順番に並べていきました。それぞれの意見をグループで出し合いながら、組み立てました。
その後、吹き出しの中の文字がわざと消されているその漫画に、自分でオリジナルのセリフを書き込みました。同じ場面でも、セリフの内容や言葉の選び方は子どもによって様々で、想像力や語彙の豊かさが感じられました。
バイリンガルクラスでは、休み時間も全て英語で過ごします。今回は、横浜YMCA学院専門学校で日本語を勉強している留学生がボランティアとして参加し、子どもたちと一緒にカードゲームなどを楽しみました。先生とはまた違った立場から子どもたちと接し、クラスの雰囲気を盛り上げてくれました。
最後に取り組んだプロジェクトは「Internal Organs(臓器)」です。臓器の種類やそれぞれの役割を動画から学びました。その後に、実際の臓器の大きさや位置などを確認するため、皆で協力してつくることにしました。まず、モデルとなる身体の型を段ボールにとりました。

その次に、それぞれ担当を決め、1つひとつの臓器の絵を紙に描いていきました。形が複雑で描くのが難しかったり、小さすぎたり大きすぎたり、皆試行錯誤している様子でした。
切り取った臓器の絵をどこに貼ればいいのか、先生が用意した図で確認をして自分で貼りました。そして、自分の作った臓器の名前(もちろん英語名)と機能を復習しました。
今年のサマースクールでは、「Dinosaur」「Cartoon」「Internal Organs」の大きく3つのプロジェクトに取り組みました。子どもたちには「英語を」学ぶのではなく、「英語で」学ぶ楽しさに気づき、これからも英語を通して様々な世界を学んでいってほしいと感じました。
(横浜中央YMCA英語学校 諏訪 小百合)

2018 Vancouver YMCA Youth Peace Network 報告⑨

カナダでYPNに参加している北川(まさリーダー)です。

日本は8月に入り、本格的に暑い日が続いているかと思います。
こちらでも暑い日が続いていましたが、朝晩気温が下がるようになってきました。
キャンプ全体でも残り3週となり、残り短くなってきた夏を楽しむかのようにキャンプは盛り上がっています。

キャンプ場では様々な動物が現れます。
以前にもシカが近くまで来たとお伝えしましたが今回は…

リスです!
キャンプ場内のいたるところで見られるようになりました。

また先週末には他の国からきているYPNのメンバーとキャンプ場の近くにあるエルフィンストーン山に登りに行きました。山頂まで約5時間かかりましたが標高1,260mの山頂からは、ラングデールやギブソンといった町や港を一望できました。

山頂からの眺め

出身は左から日本、コロンビア、アルゼンチン、チェコ
今週はYPNメンバー全員がバンクーバーでオフを過ごします。
キャンプ場から離れ、疲れを取り、残り約1か月となったこの研修を良き学びの場となるようにしていきたいと思います。

(横浜中央YMCAウエルネススポーツクラブ 北川 政憲)